葉酸の過剰摂取

 

葉酸の過剰摂取していませんか?

葉酸過剰摂取
葉酸 過剰摂取!あなたは大丈夫?

 

妊娠を計画している方や妊娠中、授乳中などの時期に特に必要とされる葉酸
妊娠してから産婦人科で言われて知った、雑誌を読んで知ったと言う人も多いよね

 

妊娠発覚時には、既に赤ちゃんはあなたの体内で成長しているから妊娠前から飲むのが良い葉酸
葉酸を効果的に摂取するならサプリメントが必須です
アマゾンや楽天の人気ランキングや、葉酸サプリ専門のランキングサイトなどで
あなたにピッタリの葉酸サプリを探すと良いでしょう

 

妊婦さんの葉酸必要量について

葉酸の過剰摂取は危険!葉酸を摂りすぎるとどうなるの?
妊娠したら1日400μgの葉酸を摂取しましょう!

 

たぶん、飽きるほど見たり聞いたりした数字だよね
でも、葉酸が胎児の為に良いのならいっぱい取ればいいのかな?と思って葉酸サプリ大量摂取するのは危険

 

葉酸の一日の上限は、1000μgに抑えましょう

 

これは、平成12年12月28日付け厚生労働省の通知があった内容です

 

葉酸を摂りすぎるとどうなるの

葉酸を過剰摂取した場合の症状としては、どんなことが起きるかと言うと

不眠症

食欲不振

吐き気

むくみ

皮膚に痒みやアレルギー反応

また産まれた赤ちゃんが小児喘息になるリスクもわずかですが高まるという研究報告もあります。

 

でもね、よく考えてみてください
厚生労働省が言っているのは、栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取しましょうと
通常の食事分+サプリメントでの摂取を薦めているんです

 

それだけ、葉酸を摂るのは難しいって事

 

ほうれん草に多く含まれていると言われている葉酸ですが100gあたりに200μgですがこれは、生の状態
葉酸は水や加熱に非常に弱いのでほうれん草を茹でたりしたら半分の100μgになってしまいます

 

水溶性のビタミンB群の一種それが葉酸なんです

 

1日に葉酸を1000μg摂取するっていうのは、サプリメントをバリバリ食べまくらないとありえないですね
通常の食事+サプリの使用上限を守れば1日1000μgになることはありませんので
しっかりと赤ちゃんの為に栄養を摂取してください。

 

妊娠初期ですと、特につわりなどで食事が取れない妊婦さんも多くなるので
サプリでの摂取が推奨されている理由のひとつです。

 

色々な葉酸サプリがありますが、粒の大きさや味、また葉酸の他に鉄や乳酸菌などを一緒に摂れる商品など様々
あなたのスタイルに合わせて商品を探してみてください

葉酸1日400μgって本当なの?

葉酸サプリや葉酸キャンディなどの袋を見ていると妊婦に必要な1日の葉酸は400μgって書いてありますが
実は、これ時期によって違うので注意が必要です

 

妊娠前:400μg
妊娠中:480μg
授乳中:340μg

 

ちなみに葉酸摂取しないとどうなるのか?

 

昔の人は、葉酸なんて飲んでないんだから特に関係ないでしょーと思いますが
厚生労働省が2000年に出した通知では
妊娠を計画する女性は1日に400μg摂取すると胎児の神経系障害リスクを低減させると発表しています。

 

今は、母子手帳にも葉酸摂取の必要性が記載されているので本気ですね

 

でも、正直に言うと母子手帳貰う時って既にお腹にあかちゃんがいるんだから
妊娠前に飲み始めるのが良いんだってもっともっと宣伝してくれればいいのにね!

 

妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの赤ちゃんの体が出来る一番大切な時期に葉酸を取っておくのが一番重要らしいよ

 

産後の胸のたるみにいつからそなえるの?

妊娠すると、女性ホルモンが多く分泌される影響もあり胸のサイズがアップします。
今まで貧乳で悩んでいたのがウソのように別世界が見れるわけですが
悲しいかな、授乳期間が過ぎるとバストアップの魔法は解けてしまいます
それどころか、一度膨らんだ風船がしぼむ様に、なんと胸のたるみに悩む女性も多く居ます
同じようにお腹も妊娠で膨らみますよね?妊娠中から妊娠線予防クリームを塗って対策する人が増えていますが
胸のたるみには、いつから対処するのがいいのでしょうか?
バストケアクリームなどであれば、妊娠中も使えますが
バストアップサプリのような直接口に入れる商品は、一応担当医に確認した方がいいでしょう
サプリは、薬ではないので基本的に妊娠中も大丈夫ですがもしものことがあったら大変ですからね
妊娠中でもおすすめの赤ちゃんモデルになる方法と言うサイトもありましたので参考にしてみると良いかもしれません

子育て夏バテ対策に必要なビタミンとは?

夏になると暑さがきつくて段々と夏バテになってきてしまいますよね。
夏バテだけでなく体調がおかしくなってしまう可能性も出てきます。
なので夏は体調管理に気をつけないといけませんのでこの管理の時にビタミンを見方につけるという方法もあるのです。
夏場は色々な体調がおかしくなる落とし穴がありますのでビタミンを活用してみましょう。
まずは夏といえば夏バテの心配があります。

 

夏バテは人によって程度が違いますよね。
だるくて何もしたくないというのが多いでしょうが、場合によっては食欲もない、疲れが取れないという問題が出てきます。
まず、夏に強化しておきたいビタミンはビタミンCです。

 

疲労回復ビタミンとしても有名ですし、睡眠不足といったストレスも夏は出てきます。
このストレスに有効なのがビタミンCです。
ビタミンCはストレスがかかる分、どんどんと消費していくので、重点的に意識して摂取しておくと良いビタミンになります。
後は疲労回復のビタミンといえばビタミンB1です。
ビタミンB1は糖質の代謝に使われるビタミンですが、糖の代謝の時に一緒に疲労回復の役割もしてくれるのでB1も意識してとると疲れが取れない!という悩みは軽減されることになります。
ビタミンB1の摂取に関しては豚肉などが多いので、夏の暑い時にあえて豚のしょうが焼きなどのものをガツンと食べるのは意外に間違っていないということになります。
また、夏の悩みの一つとして冷房が効き過ぎてて寒い!という悩みをもつ人も多いですよね。
体の冷えは色々な体調不良も起きる可能性が出てきますので、冷房に対する冷えを防いでくれるような対策ができるビタミンを摂取するようにすると良いということになります。

 

よく冷え症の人は貧血が原因の人が多いので、まずは貧血対策のビタミンを紹介します。
血液のつくりに関係しているビタミンB12と、葉酸がおススメです。

 

このビタミンが足りないと赤血球が少ないという状況になったり、悪性貧血が起きてしまうという可能性も出てきてしまいます。
ビタミンB12や葉酸を摂取したいなら青背魚を食べるように心がけたり、海苔や豆類などを食べるようにしてみましょう。
また、冷えの場合は血行が良くないという原因も考えられますよね。

 

そういった可能性がある人の場合はビタミンEを摂取するようにしてみるといいです。
シミ消すビタミンEは油脂類やナッツ系列に入っているビタミンですので、ナッツ、特にアーモンドを食べるようにしてみるといいです。
おつまみで食べ過ぎないように食べてみるのもいいですよね。

 

また、冷えの対策としては血液に大事な鉄分の吸収が良くなるのがビタミンCです。
しかもビタミンCは紫外線に対抗するために肌にも活用されますので夏はとにかくビタミンCを多めに摂るようにするといいです。
また、ビタミンB群のサプリを補助的に使うというのもいいですね。
後はビタミンEとしてナッツを食べたりして夏の体調不良に負けないように!
頑張ってください。